子どもが好きな人にぴったりなお仕事、ベビーシッター

main-img

生後間もない赤ちゃんから12歳位までの子どもの世話や保育をするのが仕事です。



幼児や子どもが子どもだけで家にいなくてはならないときの個人宅、企業、イベント会場、託児所などが主な仕事場所になります。ベビーシッターになるためには、保育士の資格や幼稚園教諭、小学校教諭などの免許状を取得したり、全国保育サービス協会によるベビーシッターの民間資格、「認定ベビーシッター資格」を取得しているとベビーシッターの仕事に就きやすくなります。

ベビーシッターはその仕事に就く際、国家資格を必要とする仕事ではないので、これらの資格を取得していなくても大丈夫です。しかし、一時的でも大切な自分の子どもの保育や世話を依頼する側にとっては、しっかりとした教育を受け知識と技術を持っている人に預けたいと思うはずです。
その証明にもなる資格や免許を所有しておく方が仕事に就きやすくなることは言うまでもありません。

仕事の内容上、その期間は長期にわたることもあります。



子どもの日常生活全般の世話をすることは、その子どもの成長にも大きく関わってきます。依頼宅の教育方針や要望にそって、子どもの世話をしなくてはならないのですから高い技量と適正を必要とします。

日本経済新聞情報選びを親身になってアドバイスいたします。

子どもの年齢によっては家庭教師的な役割も必要です。子どもの成長を支援するだけではなく、その依頼者をもあらゆる面において援助することも大切な仕事になりますので、家庭内における雑用や家事全般をこなせる才覚も必要です。

予備知識

subpage01

最近では、子供を預けて働きに出ている女性たちが急速に増えてきています。預けられる家族がいない人の中には、保育施設がいっぱいで困っている人も少なくありません。...

more

納得の真実

subpage02

仕事が忙しくてこどもの面倒をなかなかみることができずに困ったことやこどもが急な病気になってしまったのに、仕事に行かなければならないことなどの経験がある方は多いと思います。そんな経験のある方はベビーシッターにこどもを任せてみるのはどうでしょうか?家でこどもの面倒を見てもらえるので、迎えに行く時間も関係なくこどもを預かってもらえるというメリットがありますので安心です。...

more

納得の知識

subpage03

子育てしている世帯に対して公的なサービスとしての保育園だけでなく、私的なサービスとしてのベビーシッターもあります。ベビーシッターのサービスは保育園のような公的なサービスにはないメリットがあります。...

more

生活の常識

subpage04

近年、仕事と子育てを両立するお母さんが多く、保育園や託児所の需要が増えています。しかし定員数がいっぱいで保育園に入所できない場合や、保育園に通っているけれど先生と子供の相性が悪い時、子供が病気だけれどどうしても仕事を休まない時などはベビーシッターを利用することがおすすめです。...

more