がん検診の検査内容は科学的に証明されています

###Site Name###

がんを早期に発見するためには、40代以降の年齢の方は1年に1度がん検診を受けることが推奨されています。

女性特注のがんについては、40代よりも早い年代で検診が勧められているものもありますので、注意して把握しておくことが大切です。



医療の世界では研究結果によって、有効性を科学的に証明されることになりますが、がん検診に項目についてもがんの死亡率を低下させる有効性が証明されているものとなっています。
胃がんを検査するためには、胃のX線検査が有効とされています。



胃のX線検査ではバリウムという造影剤などを飲むことで胃を膨らませてから、いろんな角度から撮影を行います。肺がんの特徴としては中心型と抹消型の2種類に分けることができて、中心型の場合には肺の入口周辺、抹消型の場合には肺の奥にがんができます。



中心型の肺がんの発見には喀痰細胞診、抹消型の肺がんの発見には胸部X線検査が適しています。

大腸がんの場合には粘膜の表面にがんが発生しますので、出血して血液が便に混入する特徴があります。


そのために肉眼では把握が難しい微量の血液が便に混じっているかどうかを確認できる、便潜血検査ががんの早期発見に適しています。

乳がん検診ではマンモグラフィーを用いて検査が行われて、視触診では把握できないしこりとなる前段階のがんを発見することが可能です。

このような研究結果によって有効であると判断されている検査内容で、がんの発生を小さなものまで把握することが可能になりますので、がん検診を受けることでがんの自覚症状が現れる前に見つけ出して治療をすることが可能です。